沖縄県立総合教育センター

所長挨拶

沖縄県立総合教育センターのHPにようこそ!

本センターは前身の科学教育センターから、昭和47年に沖縄立教育センターとして設置、昭和62年に現在地に移設し、時代の要請を受けてIT教育センターや産業技術センターを新設しながら ①調査研究 ②研修事業 ③児童・生徒実習 ④教育相談 ⑤教育情報普及・提供の5大事業を実施してきました。本年度も「学校に寄り添うセンター」「発信し出かけるセンター」として、センターの存在感を高め、本県の教育課題への積極的な対応や教育水準の向上に所員、研修員が一丸となって取り組みたいと思います。

 3月に新学習指導要領が公示され「何ができるようになるのか」「どのように学ぶのか」が学習の柱になり「社会に開かれた教育課程」や「カリキュラムマネジメント」等新しい方向性が示されました。また情報化の進展(AI、IoT、ロボット)やグローバル化による急激な社会変化に対応する為に、学校教育の重要性はますます高まっています。本県の教育目標の実現や学校の教育課題に適切に応えるには、本センターと学校が「チーム」として取り組み、その成果を学校現場に発信、還元することが肝要なことです。「人材をもって資源となす」センターの使命(ミッション)を強力に推進していきます。今後ともご指導・ご鞭撻をお願いいたします。

■ 調査研究〔統一テーマ〕 「生きる力」を育成する研究
※プロジェクト研究
〔テーマ〕学び向かう集団の実現~主体的に学ぶ力を育成する指導を通して~
※個人・共同研究 

■ 出前講座(教師力・組織力の向上、学校や教科等の要請、校内研修や授業研究等の支援・充実
 ●教科・授業づくり(23講座)   ●道徳、特別活動、外国語活動等(7講座)
 ●学校づくり、教育相談(10講座) ●特別支援教育    ●情報教育(全教科対象)

平成29年4月吉日

              沖縄県立総合教育センター所長  宮里 幸利